時計修理 = 分解掃除 = オーバーホール ---手巻腕時計・自動巻腕時計・カギ巻柱時計---

【時計修理=分解掃除=オーバーホール】《大切な『時計の修理・お手入れ』いたします!! 》【アンティーク腕時計・アンティーク柱時計】

シチズン1250Aクォーツ腕時計組立工程

【クォーツ腕時計】《 分解工程・組立工程 》【時計修理】

クォーツ式腕時計修理---シチズンシャレックス1250Aクォーツ腕時計 分解掃除(オーバーホール)【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 クォーツ式腕時計修理---シチズンシャレックス1250Aクォーツ腕時計【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 クォーツ式腕時計修理---シチズンシャレックス1250Aクォーツ腕時計 分解掃除(オーバーホール)【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】

  • 【時計修理】クォーツ腕時計 分解掃除(オーバーホール) 組立工程・詳細版
    • シチズンシャレックスクォーツ腕時計
      • 機械 No.1250Aクォーツ

===== 写真をクリックすると、デカ写しになりまーす =====

シチズン1250Aクォーツ腕時計組立工程・詳細版

分解掃除(オーバーホール)をして組み立てる工程です

分解をしたら、元に戻さなければなりません・・・
部品全部バラバラから、組み立てまーす。

分解掃除・・・
キレイに洗浄をして、部品の点検をして、
修正する所は修正して、組み上げていく工程です。
部品が壊れていなければ、簡単な作業です。

  • 機械 No.1250Aクォーツ

1.1.土台の地板2.2.地板の表側(文字盤側)3.3.歯車を並べます4.4.二番受けを取り付けます

  • 1.土台の地板
  • 2.地板の表側(文字盤側)
  • 3.歯車を並べます
    • この機械は、文字盤側から組んで行きます
  • 4.二番受けを取り付けます

5.5.後ろ側から6.6.針回しのところ、裏押さえを組んで行きます7.7.裏押さえ部、拡大8.8.裏押さえ部、もっと拡大

  • 5.後ろ側から
  • 6.針回しのところ、裏押さえを組んで行きます
  • 7.裏押さえ部、拡大
  • 8.裏押さえ部、もっと拡大

9.9.裏押さえ部、別角度で10.10.裏押さえ部、別角度で11.11.歯車を並べます12.12.輪列部、拡大

  • 9.裏押さえ部、別角度で
  • 10.裏押さえ部、別角度で
  • 11.歯車を並べます
  • 12.輪列部、拡大

13.13.輪列部、もっと拡大14.14.輪列受け、電池+端子を取り付けます15.15.拡大16.16.コイルブロックを取り付けます

  • 13.輪列部、もっと拡大
  • 14.輪列受け、電池+端子を取り付けます
    • 注意!!
      • 車軸(ホゾ)が車軸穴(ホゾ穴)に入っていることを必ず確認。
      • 車軸(ホゾ)が 折れてしまいます!!
  • 15.拡大
  • 16.コイルブロックを取り付けます

17.17.回路ブロック、絶縁板、電池押さえを取り付けます18.18.電池を組み込みます19.19.文字盤側へ20.20.日車、日回し車などを取り付けます

  • 17.回路ブロック、絶縁板、電池押さえを取り付けます
  • 18.電池を組み込みます
    • これで動けば、組み方完璧・・・時計の基本は出来上がり。
      • クォーツ式は、バラして組み立てるだけ・・・
  • 19.文字盤側へ
    • ここからは、付属のカレンダー部品の取り付け
  • 20.日車、日回し車などを取り付けます

21.21.拡大22.22.押さえを取り付けます23.23.曜回し車を取り付けます24.24.拡大

  • 21.拡大
  • 22.押さえを取り付けます
  • 23.曜回し車を取り付けます
  • 24.拡大

25.25.曜車を取り付けます26.26.曜車止め座を取り付けます27.27.文字盤台座を取り付けます28.28.文字盤を取り付けます

  • 25.曜車を取り付けます
  • 26.曜車止め座を取り付けます
  • 27.文字盤台座を取り付けます
  • 28.文字盤を取り付けます

29.29.針を取り付けます30.30.機械押さえ枠をつけます

  • 29.針を取り付けます
  • 30.機械押さえ枠をつけます

機械は、完成。
ケースに取り付けます。

31.31.ガラス、ガラス渕を入れてあります32.32.機械からリューズをはずしておきます33.33.ケースに機械を入れます34.34.リューズを入れます

  • 31.ガラス、ガラス渕を入れてあります
  • 32.機械からリューズをはずしておきます
  • 33.ケースに機械を入れます
  • 34.リューズを入れます

35.35.裏ブタを閉めて、完成。36.36.ひとつの時計ができました。37.37.クサリを取り付けます38.38.完璧、完成品。

  • 35.裏ブタを閉めて、完成。
  • 36.ひとつの時計ができました。
  • 37.クサリを取り付けます
  • 38.完璧、完成品。

完成するまでには、点検、確認等を何度も繰り返し行います。
もちろん、潤滑油を注油しながら行っています。

機械式の機械とは違い、ほとんど調整、調節がありませんので、
組み上げるのは簡単です。

初期の頃のクォーツの機械は、部品の一つ一つがしっかり出来ていますので、
部品が壊れることは少ないようです。

===== 写真をクリックすると、デカ写しになりまーす =====

分解掃除(オーバーホール)をするときは・・・

  • クォーツ時計は、電池で動く電気製品です。
    • 電子回路、コイルに異常がなければ、ただ分解して、組み立てれば動きます。
    • しかし、ゴミ、ホコリですぐに止まってしまいますので、要注意!!
      • コイルを切らないように、最注意!!

部品を壊すとMOTTAINAI!!

  • 壊さないように、慎重に、丁寧に、お願いします。
    • 興味のある方は、ぜひ一度お試しを・・・!!

誤記・脱落などがありましたら、お許し願います。
(ピンボケも、お許しを・・・)

  • まだまだ未熟ゆえに・・・
    • たいした技術などありませんので、難しいことは解りませ~ん。
      • 適当に・・・の~んびりと・・・やってみてください。。。

誤記・脱落などがありましたら、ご教授をお願い致します。


認証コード(4554)

【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】
ご閲覧ありがとうございます。《 クォーツ腕時計組立・詳細版 》ページのトップへ

a:1298 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional