時計修理 = 分解掃除 = オーバーホール ---手巻腕時計・自動巻腕時計・カギ巻柱時計---

【時計修理=分解掃除=オーバーホール】《大切な『時計の修理・お手入れ』いたします!! 》【アンティーク腕時計・アンティーク柱時計】

シチズン4311手巻腕時計分解工程

【手巻腕時計】《 分解工程・組立工程 》【時計修理】

機械式腕時計修理---シチズンローヌ4311手巻腕時計【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】  機械式腕時計修理---シチズンローヌ4311手巻腕時計 分解掃除(オーバーホール)【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】

  • 【時計修理】手巻腕時計 分解掃除(オーバーホール) 分解工程・詳細版
    • シチズンローヌ手巻腕時計
      • 機械 No.4311手巻19石

===== 写真をクリックすると、デカ写しになりまーす =====

シチズン4311手巻腕時計分解工程・詳細版

分解掃除(オーバーホール)をする分解工程です

  • ネジをはずして、外れる部品は、すべて外します。
    • 部品全部をバラバラにします。

1.1.シチズンローヌ4311手巻腕時計2.2.裏ブタを開けます3.3.裏ブタから機械をはずします4.4.機械だけにします

  • 1.シチズンローヌ4311手巻腕時計
  • 2.裏ブタを開けます
    • 機械は、裏ブタに入っています
  • 3.裏ブタから機械をはずします
  • 4.機械だけにします

5.5.針、文字盤、筒車をはずします6.6.機械の後ろ側7.7.テンプをはずします8.8.テンプ受け、テンプ

  • 5.針、文字盤、筒車をはずします
  • 6.機械の後ろ側
  • 7.テンプをはずします
  • 8.テンプ受け、テンプ

9.9.テンプ受けからテンプをはずします10.10.テンプ軸受をはずします11.11.アンクルをはずします12.12.アンクル受け、アンクル

  • 9.テンプ受けからテンプをはずします
  • 10.テンプ軸受をはずします
  • 11.アンクルをはずします
    • 注意!!
      • 全舞を戻しておきます(全舞の力がない状態にしておきます)
      • 全舞を力のない状態にしておかないと、壊れます!!
  • 12.アンクル受け、アンクル

13.13.角穴車、丸穴車、コハゼをはずします14.14.角穴車、丸穴車、コハゼ15.15.機械の文字盤側16.16.筒カナをはずします

  • 13.角穴車、丸穴車、コハゼをはずします
  • 14.角穴車、丸穴車、コハゼ
  • 15.機械の文字盤側
  • 16.筒カナをはずします

17.17.筒カナ18.18.一番受けをはずします19.19.輪列20.20.香箱車、歯車をはずします

  • 17.筒カナ
  • 18.一番受けをはずします
  • 19.輪列
  • 20.香箱車、歯車をはずします

21.21.香箱車、歯車22.22.一番受け(輪列受)23.23.軸受石をはずします24.24.ガンギ車軸受石

  • 21.香箱車、歯車
  • 22.一番受け(輪列受)
  • 23.軸受石をはずします
  • 24.ガンギ車軸受石

25.25.針回し部をはずします26.26.裏押さえ、巻真リューズ、他27.27.テンプ軸受石とガンギ車軸受石をはずします28.28.テンプ軸受石、ガンギ車軸受石

  • 25.針回し部をはずします
  • 26.裏押さえ、巻真リューズ、他
  • 27.テンプ軸受石とガンギ車軸受石をはずします
  • 28.テンプ軸受石、ガンギ車軸受石

29.29.香箱車も分解、フタを開けます30.30.香箱芯をはずします31.31.全舞を取り出します32.32.分解(オーバーホール)完了です

  • 29.香箱車も分解、フタを開けます
  • 30.香箱芯をはずします
  • 31.全舞を取り出します
  • 32.分解(オーバーホール)完了です

分解した全部の部品です

  • シチズンローヌ手巻腕時計
    • 機械 No.4311手巻19石

33.33.筒車34.34.針座35.35.テンプ軸受石36.36.テンプ(上側、ヒゲ全舞側)

  • 33.筒車
  • 34.針座
  • 35.テンプ軸受石
  • 36.テンプ(上側、ヒゲ全舞側)

37.37.テンプ(下側、振り石側)38.38.テンプ受け39.39.アンクル40.40.アンクル(別角度で)

  • 37.テンプ(下側、振り石側)
  • 38.テンプ受け
  • 39.アンクル
  • 40.アンクル(別角度で)

41.41.アンクル受け42.42.角穴車43.43.丸穴車44.44.丸穴受座

  • 41.アンクル受け
  • 42.角穴車
  • 43.丸穴車
  • 44.丸穴受座

45.45.コハゼ46.46.コハゼバネ47.47.止めネジ48.48.ガンギ車

  • 45.コハゼ
  • 46.コハゼバネ
  • 47.止めネジ
  • 48.ガンギ車

49.49.四番車50.50.三番車51.51.二番車52.52.香箱

  • 49.四番車
  • 50.三番車
  • 51.二番車
  • 52.香箱

53.53.香箱フタ54.54.香箱芯55.55.全舞56.56.筒カナ

  • 53.香箱フタ
  • 54.香箱芯
  • 55.全舞
  • 56.筒カナ

57.57.一番受け(輪列受け)58.58.ガンギ軸受石、耐振バネ59.59.ガンギ軸受石60.60.裏押さえ(カンヌキ押さえ)

  • 57.一番受け(輪列受け)
  • 58.ガンギ軸受石、耐振バネ
  • 59.ガンギ軸受石
  • 60.裏押さえ(カンヌキ押さえ)

61.61.日の裏車62.62.小鉄車63.63.カンヌキ64.64.カンヌキバネ

  • 61.日の裏車
  • 62.小鉄車
  • 63.カンヌキ
  • 64.カンヌキバネ

65.65.オシドリ66.66.オシドリ芯67.67.ツヅミ車68.68.キチ車

  • 65.オシドリ
  • 66.オシドリ芯
  • 67.ツヅミ車
  • 68.キチ車

69.69.巻真竜頭70.70.地板71.71.文字板72.72.時針、分針

  • 69.巻真竜頭
  • 70.地板
  • 71.文字板
  • 72.時針、分針

73.73.ケース胴74.74.風防ガラス75.75.裏ブタ

  • 73.ケース胴
  • 74.風防ガラス
  • 75.裏ブタ

このように順序良く、順番にすれば、分解が出来ちゃいまーす。
はずれる部品、はずせる部品を適当にはずして行けば・・・出来ちゃいまーす。
機械式の機械を分解するのには、自動巻ではなく、
最初は、機械の構造が単純に出来ている手巻きの機械から始めると良いと思います。
しかし、婦人用の機械は、小さいのでやりにくいと思います。

  • 手巻腕時計を分解してみると解ると思いますが・・・
    • 潤滑油などは、汚れているか、乾いているはずです。
    • 防水機能がないので、汗・水ですぐにサビてしまいます。
      • テンプ・ヒゲ全舞までサビてしまいます。

機械式時計は、使っても、使わなくても、
定期的なお手入れが必要となる訳が、ご理解・ご納得できると思います。

===== 写真をクリックすると、デカ写しになりまーす =====

分解掃除(オーバーホール)をするときは・・・

  • 全舞、ヒゲ全舞に、最注意!!

部品を壊すとMOTTAINAI!!

  • 壊さないように、慎重に、丁寧に、お願いします。
    • 興味のある方は、ぜひ一度お試しを・・・!!

誤記・脱落などがありましたら、お許し願います。
(ピンボケも、お許しを・・・)

  • まだまだ未熟ゆえに・・・
    • たいした技術などありませんので、難しいことは解りませ~ん。
      • 適当に・・・の~んびりと・・・やってみてください。。。

誤記・脱落などがありましたら、ご教授をお願い致します。


認証コード(2565)

【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】
ご閲覧ありがとうございます。《 手巻腕時計分解・詳細版 》ページのトップへ

a:1392 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional