時計修理 = 分解掃除 = オーバーホール ---手巻腕時計・自動巻腕時計・カギ巻柱時計---

【時計修理=分解掃除=オーバーホール】《大切な『時計の修理・お手入れ』いたします!! 》【アンティーク腕時計・アンティーク柱時計】

腕時計分解方法

腕時計分解方法

機械式腕時計修理---ケースからはずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---文字盤、カレンダーをはずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---文字盤、カレンダー部をはずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---機械【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---自動巻部の部品【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】
機械式腕時計修理---自動巻部をはずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---テンプ、アンクルをはずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---香箱まではずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---輪列部まではずした状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】 機械式腕時計修理---分解掃除(オーバーホール)を完了した状態【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】

腕時計を分解する方法

【時計修理】分解掃除(オーバーホール)をする方法は・・・と言うより、分解の手順です。

1.『自動巻腕時計』

『自動巻腕時計を分解する方法』

  • ネジをはずして、外れる部品は、すべて外します。
  • 順序良く、外れる部品から順番に、はずして行きます。
    • 全舞を力のない状態(全舞がほどけた状態)にしておくことが大事です。
    • ヒゲ全舞、テンプ、アンクルに気をつけて・・・
    • 特に、難しくありません。ただ小さく、細かいだけの作業です。
      • 分解するだけならば、技術などは必要ありません。

最初は、手巻腕時計の機械から始めることをお勧めします。
機械の大きな男性物の手巻の機械から始めることをお勧めします。

全舞式時計の基本となる機械の、手巻腕時計の機械から始めると、時計の機械の構造、全舞から歯車への力の伝わり具合、脱進機、調速機への力の伝わり具合などが、分解する前に、外側からも見えますので、ハッキリと解ります。自動巻腕時計の機械は、自動巻上げ機構の部分が付いている分だけ、複雑になってしまいます。

『自動巻腕時計を修理する方法』

  • 壊れたところを見つける必要があります。
  • そして、壊れたところを直せば良いことです。
    • しかし、部品が壊れますと、直る部品と直らない部品があります。
    • 壊れた部品は、交換すれば良いことです。交換するしかありません。
    • 修復修正できる部品は、もちろん修復修正します。直します。
      • ちょっとだけ、知識があれば大丈夫です。
  • 汚れた油、乾いてこびり着いた油を、しっかりと洗浄することです。
    • 穴石、受石、アンクルの爪石をキレイに洗浄することです。
    • 車軸穴、歯車の歯、車軸をキレイに洗浄することです。
    • その他の調整、調節も必要です。
      • 知識に伴う、ちょっとした技術が必要となってしまいます。
  • 摩耗している所を修復しなければなりません。
    • 香箱車の香箱芯の穴が摩耗しています。(最も多い、不具合の原因です)
    • 摩耗していなければ、全舞を出す必要はありません。
      • 知識以上に、経験と技術が必要となります。

分解して、組み立てるのは、ちょっとした知識があれば、出来ると思いますが・・・
修理となると・・・どうでしょうか?やはり経験が必要ではないでしょうか?小さい部品ばかりです。細かい作業ですので、『手・指の感覚』で修理します。やはり・・・少し経験してみないと解らないと思います。とにかく『慣れ』が必要です。数をこなして、慣れるしかありません。壊さないように・・・適当にやってみてください。

『自動巻腕時計を組み立てる方法』

  • 組み立てる時は、ただ組み立てるだけです。
    • 全部の部品の修正は済んでいるわけです。
      • ただ組み立てるだけならば、技術は必要ありません。
  • しかし、細かな調整、調節をしなければなりません。
    • テンプ、ヒゲ全舞、緩急芯のアオリなどの調整、調節が必要です。
    • 時間が合わなければ・・・時計になりません。
    • 時間の調整が必要です。
      • つまり、それなりの技術が必要となってしまいます。

組み立てる時は、車軸が車軸穴にしっかりと入っていることを何度も、確認しながら組み立てて行きます。確認、確認、再確認で行ってください。車軸が車軸穴に入っていないままで、輪列受けのネジで押さえてしまいますと、車軸が折れてしまいます。車軸穴に入っていることを確認しても、ネジを閉める時に輪列受けが浮いてしまい、車軸が車軸穴から出てしまうことがありますので、最注意が必要です。

分解掃除(オーバーホール)をするときは・・・

  • ゴミ、ホコリに、要注意!!
    • 全舞、ヒゲ全舞に、最注意!!
  • 部品を壊すとMOTTAINAI!!
    • 壊さないように、慎重に、丁寧に、お願いします。

興味のある方は、ぜひ一度お試しを・・・!!

2.『クォーツ腕時計』

『クォーツ腕時計を分解する方法』

  • ネジをはずして、外れる部品は、すべて外します。
  • 順序良く、外れる部品から順番に、はずして行きます。
    • 部品の造りがキャシャで弱いので、つかみ損ねないように・・・
      • 特に、難しくありません。ただ小さく、細かいだけの作業です。
      • 技術なども、必要ありません。

初期の頃のクォーツ式腕時計の機械の方が分解しやすいと思います。初期の頃のクォーツ式腕時計の機械は、部品の一つ一つがしっかりと出来ています。

最近のクォーツ式腕時計は、分解修理をするように造られていないように思われます。プラスチックの部品が多く、分解しているうちに壊れてしまいそうに、キャシャです。部品の数が少ないので簡単ですが、機械式の機械よりも注意が必要です。ピンセットではさみ損なわないようにしてください。

『クォーツ腕時計を修理する方法』

  • 壊れたところを見つける必要があります。
  • そして、壊れたところを直せば良いことです。
    • しかし、部品が壊れますと、直る部品と直らない部品があります。
    • 壊れた部品は、交換すれば良いことです。
      • ちょっとだけ、知識があれば大丈夫です。

クォーツ式の時計は、特に修理箇所と言う修理箇所はありません。水入り湿気でサビ、ゴミやホコリ、油の乾きで油切れなどの不具合がありますが、電子回路・コイルの電気系統が大丈夫ならば、ほとんど、修理する所はありません。

『クォーツ腕時計を組み立てる方法』

  • 組立には、調整・調節など、必要ありません。
    • ただ組み上げて行けば、動くはずです。
      • 技術など必要ありません。

組み立てる時は、車軸が車軸穴にしっかりと入っていることを何度も、確認しながら組み立てて行きます。確認、確認、再確認で行ってください。車軸が車軸穴に入っていないままで、輪列受けのネジで押さえてしまいますと、車軸が折れてしまいます。車軸穴に入っていることを確認しても、ネジを閉める時に輪列受けが浮いてしまい、車軸が車軸穴から出てしまうことがありますので、最注意が必要です。電子カイロ・コイルなどの電気系統の接点も注意が必要です。

分解掃除(オーバーホール)をするときは・・・

クォーツ時計は、電池で動く電気製品です。

  • 電子回路、コイルに異常がなければ、ただ分解して、組み立てれば動きます。
    • しかし、ゴミ、ホコリですぐに止まってしまいますので、要注意!!
      • コイルを切らないように、最注意!!
  • 部品を壊すとMOTTAINAI!!
    • 壊さないように、慎重に、丁寧に、お願いします。

興味のある方は、ぜひ一度お試しを・・・!!

  • まだまだ未熟ゆえに・・・
    • たいした技術などありませんので、難しいことは解りませ~ん。
      • 適当に・・・の~んびりと・・・やってみてください。。。

誤記・脱落などがありましたら、ご教授をお願い致します。

  • 秒針と長針が一点で触れて動かなくなる -- レント 2013-05-01 (水) 22:14:45
  • 自動巻のリューズが折れてしまいました。そこのみなのですが…因みにアクタスです -- 勢力 栄 2013-05-27 (月) 16:10:26

認証コード(0089)

【times-machine.com】《 時計修理 》【三田時計メガネ店@栃木県大田原市前田】
ご閲覧ありがとうございます。《 腕時計分解方法 》ページのトップへ

a:130957 t:12 y:47

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional